国際女性デーで、連携する各社がツイッター上で掲げているメッセージ

 8日の「国際女性デー」に合わせ、徳島新聞など全国の地方紙やウェブメディアが、性差別やジェンダー平等に関する企画を展開する。1日から、共通の理念とハッシュタグを掲げ、短文投稿サイト「ツイッター」で発信を始めた。

 ハッシュタグは「#国際女性デー」「#メディアもつながる」。「2020年までにリーダー層の女性を少なくとも30%に。政府が目標に掲げた2020年を迎えたいま、現実はどうでしょうか?」とのメッセージを掲げ、国際女性デーにちなんだ記事などを8日まで投稿する。

 日本の19年の「ジェンダーギャップ指数」は121位で、過去最低を更新。ジェンダー平等社会実現のための機運を盛り上げようと各メディアがツイッター上で連携する。

 徳島新聞は8日付朝刊に、防災分野での女性参画について考える特集記事などを掲載する。