徳島市の阿波踊りの運営業務を担う民間3社共同事業体は今夏から、チケットの対面販売期間や、複数の演舞場の自由席を周遊できるリストバンド型チケットの対象日を拡大する。2日の市議会産業交通委員会で、市経済部が報告した。

 対面販売は、ポッポ街商店街の阿波おどり運営事務局で6月7日~8月10日に行う。昨夏から約1カ月、発売時期を早めた。最終日(8月15日)の2部に限定していたリストバンド型チケットは、販売状況を見ながら対象日を増やす。料金は前売り1900円、当日2400円。市役所前演舞場だけに設けられていた車いす用の観覧席(10台)は、紺屋町演舞場に6台分を新設する。