徳島市役所

 徳島市は2日、臨時休校中に自宅で過ごすのが難しい児童を学校で預かると発表した。市立全30小学校の1、2年生と特別支援学級の児童が対象で、期間は4日から春休み開始前日の24日まで。放課後児童クラブ(学童保育)に教員を派遣する方針も示した。

 児童は通っている学校で自習し、安全に問題がないよう教員が見守る。預かるのは午前8時15分から午後3時まで。3日までに希望の有無を保護者に確認する。

 市内にある47クラブのうち、臨時休校中は支援員が確保できないなどの理由で4クラブが午後しか開所できず、1クラブは終日開けないという。このためクラブから依頼があれば、市教委が教員を派遣し、支援員の仕事を担う。クラブの求めに応じて小学校の教室も開放する。