県病院局は2日、道交法違反(速度超過)の疑いで香川県警に摘発された臨時補助員の50代女性看護師を口頭注意したと発表した。処分は2日付。

 病院局総務課によると、女性は昨年9月30日に香川県三豊市の県道で法定速度(40キロ)を31キロ超過して乗用車を運転し、取り締まり中の警察官に摘発された。摘発時は勤務時間外だった。