徳島県警生活環境課と徳島中央署は3日、売春をあっせんしたとして、売春防止法違反の疑いで徳島市の無職の男(33)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は、3日正午ごろ、徳島市内のスーパー駐車場で、大阪市内の20代女性と県外在住の30代男性を引き合わせ、売春をあっせんしたとしている。

 署によると、男は以前から、出会い系サイトで女性になりすまして客を募っており、男性とは約2年前に知り合った。数日前にメールで料金などをやりとりし、待ち合わせ場所を指定。男性からは1万5千円を受け取り、女性と折半した。

 昨年9月下旬、警視庁の匿名通報ダイヤルに「女性に売春をさせている」との通報があり、男が浮上した。署は余罪があるとみて調べている。