Q 「コロナウイルスは熱に弱く、26~27度のお湯を飲むと殺菌効果がある」との内容を会員制交流サイト(SNS)で見ました。効果はあるのでしょうか。

 A 根拠のない話です。コロナウイルスは人の体内で生きています。体温より低い温度では死滅しません。ウイルスは乾燥した喉でよく繁殖するので、お湯を飲むと喉の乾燥は防げるでしょう。しかし、感染予防としては不十分です。

 コロナウイルスは、アルコールに弱いと分かっています。接触感染を予防するため、多くの人が触るスイッチやドアノブなどをアルコールで小まめに消毒してください。

 「太陽に当たれば感染しない」「ビタミンDが効く」といったうわさも、科学的根拠がありません。(県感染症・疾病対策室)