前半、PKを決めて先制して喜ぶ徳島の選手たち=山形県天童市のNDソフトスタジアム山形

 サッカーJ2の徳島ヴォルティスは25日、山形県天童市のNDソフトスタジアム山形でモンテディオ山形と対戦し、リーグ戦チーム最多タイの6得点で圧勝した。リーグ戦は2連勝で、山形戦の勝利は徳島がJ2に参入した2005年11月の第40節以来。

 通算成績は9勝6分け5敗の勝ち点33となり、J1昇格プレーオフ圏内の6位に浮上した。

 徳島は前半から攻撃陣が爆発。前半11分にMF岩尾のPKで先制すると、23分にFW山﨑の2試合連続ゴールとなるヘディングで加点。山﨑は1分後にもFW渡のパスに合わせネットを揺らした。33分には杉本のスルーパスを渡が決めた。後半も渡、杉本のゴールで突き放し、山形の反撃をPKの1点にとどめた。

 次節は7月1日、ホームで愛媛FCとの「四国ダービー」を迎える。

◆J2第20節 NDソフトスタジアム山形 観衆5795人

徳島 6-1 山形
   4-0
   2-1

得点 徳島=岩尾憲(前半11分)山﨑凌吾(前半23、24分)渡大生(前半33、後半9分)杉本太郎(後半10分)
   山形=瀬沼優司(後半41分)