松茂町は2020年度、体験型観光事業などに取り組む地域おこし協力隊員2人を募る。町が協力隊事業を行うのは初めて。

 町によると、都市部に住む20歳以上の男女が対象。体験型観光事業の企画のほか、特産品を使った商品開発や「まつしげまるしぇ」の運営などに会計年度任用職員として携わってもらう。4月に募集を始め、早ければ5月から採用する。

 4日開会した町議会3月定例会に、活動費875万円と住居補助費54万円を盛り込んだ20年度一般会計当初予算案を提出した。

 県によると、県内では松茂町のほか、徳島市と石井、北島、板野の3町が協力隊を導入したことがない。