[磯]<大島>5日、グレは、本場回りのピストルで2人が30~38センチを17匹。地ソエで28~35センチを5匹。沖ソエで30~33センチを5匹。馬ノ背で32~47センチを10匹。ホリモンで30、35センチを2匹と25センチのイサギ1匹。屋形で阿南市の人が33~43センチを15匹。別の人も35センチ前後を3匹。同東では34~45センチを5匹と34センチのイサギ1匹。櫂投回りは、中ノハエで28~35センチを13匹。裏回りは、田所で30~36センチを8匹。タタミで27~44センチを12匹と30センチのアイゴ、50センチの沖ハゲを各1匹。オハナ地で30、33センチを2匹。

 <高知・甲浦>5日、穏やかで水温16・7度。ミツバエ中で35~42センチのグレ3匹。タカノ口で35センチを2匹。

 [イカダ]<宍喰>5日、沖の1号カセで2人が30~34センチのグレ16匹。

 <高知・甲浦>5日、1号で36、48センチのグレ2匹と27センチの本ハゲ1匹。

 [船釣り]<宍喰沖>5日、波はなかったが北の風が強かった。水温16・8度。仕立船で出掛けた2人が25~40センチのイサギ18匹と30~35センチのイシガキダイ5匹。

 <阿南沖>4日、自家用船で出掛けた地元の人が、水深40メートル付近をタイラバージグで探り、25~40センチのマダイ13匹。60グラムのオモリでネクタイの色は赤、オレンジなどを交換して使用。

 <伊島沖>4日、終日雨が降った。乗合船で出掛けた2人が、オモリ30号の胴付仕掛けで27センチまでの本ハゲを14、26匹。別の船は35~38センチのイサギ7匹と48センチまでのマアジ13匹、小アジは多数でマトウダイとレンコダイ、チダイを各1匹。

 [波止]<新町川河口>5日、左岸でウキ下を深くして38センチのチヌ1匹。日により違いはあるが、餌取りは全くおらず、終日サオを出し数回アタリが出る状況。

 <香川・荘内半島>5日、西寄りの風が強かった。東向きの石畳の波止で41センチのチヌ1匹。餌取りのフグが多く、生沖アミはすぐに取られてしまうためボイル沖アミが良かった。

 <恵比須浜>4日、終日雨が降ったり止んだり。岸壁でアジを餌に取り込みにはヤエンを使い、0・5~1・1キロのアオリイカを6匹。周辺でも同重量を5匹。水温はあるものの食いは悪く、暗くなってから時合があり連続でアタリがあった。(県釣連盟報道部)