徳島県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大による学校の臨時休業に伴う給食停止などで徳島県産農林水産物の販売量の減少が想定されるとして、県は6日、県産品の積極的な購入や利用を呼び掛ける周知文を県ホームページ(HP)に掲載した。

 HPでは、給食の中止や飲食店の客足減少による農林水産物の販売量減少、卒業・卒園式や歓送迎会の自粛に伴う花の消費低迷が懸念されることを指摘した。

 県民に対し、産直市やスーパーで県産の生鮮品や調理加工品を買って家庭で消費することや、自宅や職場向けの花の購入を提案。消費活動による農林漁業者への応援を求めた。

 経営状況の悪化に苦しむ農林漁業者への支援を呼び掛けるのは異例で、県農林水産政策課は「今回は特にご協力をお願いしたい」と呼び掛けている。