演奏する武蔵野音大の学生ら=徳島市シビックセンター

 県出身の武蔵野音大生らでつくる金管楽器中心のグループ「アンサンブル・ユニット・イーグレット」が、徳島市シビックセンターで演奏会を開いた。

 メンバーは、いずれも武蔵野音大4年でトロンボーンの島田智也さん(22)、バストロンボーンの生越美穂さん(22)、ユーフォニアムの石田真雪さん(22)と2年近藤碧梨さん(20)、ピアノの4年齋藤晴美さん(22)と、徳島文理大3年でチューバの藤本壮さん(21)。

 「アラジン・メドレー」や「ユー・レイズ・ミー・アップ」など計9曲を披露し、約100人が豊かな響きを楽しんだ。

 徳島商業高吹奏楽部でトロンボーンを担当している2年佐藤和歌菜さん(17)は「曲ごとに音色が変わってすごいと思った」と話した。