皮を火であぶったグレを刺し身にした。宍喰ではこれにユズ酢と塩で味付けしたタタキで食べる。豪快に大皿に盛り付けると見た目にも美しく、最高のごちそうだ

鍋のつゆはカツオ節を使わず、あっさりと昆布だしにする。酒と塩で味付けし、鮮度のいいグレの白子を温めながら食べる。生でも食べられるので煮すぎないのがポイントだ

白子はフグ上回るうまさ

 近年、グレは春の魚だと思うようになった。ずっと冬の魚とばかり思い込んでいたが、3、4月の産卵期を迎えたグレが最もおいしいのではないか。

 グレは北海道から九州までの浅い海域にいる魚。とても味がいいことで知られる。体長40センチ前後になり、標準和名はメジナ。徳島など西日本では広くグレで通っている。

 見た目は青黒く地味ながら、釣り師の世界では引きがいいのでトップスター。磯釣りといえばグレの名前が真っ先に挙がるだろう。徳島県内には全国的に有名なグレの釣り場が多い。牟岐大島をはじめ海部郡の磯はグレ釣りのメッカになっている。小グレは港周辺で手軽に釣れるため家族連れで十分に楽しめる。

 グレは定置網でも水揚げがある。磯魚が苦手な人は夏は臭いと敬遠しがち。それでも徳島県産に磯臭さを感じたことはない。

 特に脂が乗るのは、海水温が下がり海藻を多く食べ始める晩秋からだ。身に厚みが出て、体の表面を指で触るとぬめりを感じる。これは皮下に脂の層ができるためだ。脂の乗った状態は産卵直前まで続く。

 この時季の刺し身のうまさは筆舌に尽くしがたい。口に含むと脂がとろける。程良い固さの食感が心地良く、うま味がじわっと出てくる。

 宴会には海陽町宍喰などで定番のタタキがいい。三枚に下ろし、皮目を焼く。刺し身にして塩とユズの酢を手に付けてたたく。スライスしたタマネギと一緒に食べると止まらない。大きなグレを1匹丸ごとつくりにして大皿に盛り付けたのがすぐになくなる。

 皮付きで薄めに切り、だしのなかでしゃぶしゃぶして食べるのもうまい。煮ても焼いても至高の味だ。

 徳島県内で一般的な加工法である開き干しは味わい深い。グレの干物としては珍しく、全国に誇る名品だと思う。

 2月になると、白子や真子を抱えたグレの腹が膨らむ。徳島の魚市場で見つけたらラッキー。腹を触って程良い張りのあるグレを買い求める。タイは真子、白子共においしいが、グレは圧倒的に白子がうまい。グレを下ろして白子が入っていたら大当たり。トラフグの白子は非常においしいものの目が飛び出るくらい高価だ。昨春、徳島で買ったグレの白子を食べてから、大枚をはたいてフグの白子を買っていたのがばからしくなった。昆布だしで温めながら食べるグレの白子のうまさはフグの白子を上回る。本場徳島に住む皆さんはぜひ試してほしい。(水産アドバイザー、本名・藤原昌髙。東京都在住、つるぎ町出身)

 グレ(メジナ) スズキ目メジナ科。日本では沖縄を除く北海道以南の浅い海の岩場に分布する。朝鮮半島や中国沿岸にも生息。韓国では人気の魚料理だ。近縁種にはより大型になるオナガグレ(クロメジナ)がいる。