徳島県内公立高校の2020年度入試のうち、一般選抜の試験が10日、全日制33校と定時制6校で始まる。

 10日は学力検査があり、午前9時5分から午後2時55分まで、国語、数学、社会、理科、英語(リスニングを含む)の順で実施する。11日に面接を行い、合否結果を18日に郵送で通知する。

 全日制は募集定員を26人上回る4565人が出願し、平均競争倍率は1・01倍。定時制の出願は募集目標を63人下回る147人で、平均競争倍率は0・70倍。

 各校は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、6日までに試験会場の設営やアルコール消毒を終え、教職員を含めて立ち入りを制限している。試験当日は受験生全員にマスクの着用を求める。