ぜんそくの治療に使われている吸入ステロイド薬で、新型コロナウイルスによる肺炎の症状が改善したとする症例報告があり、注目が集まっている。報告したチームは「この症例のみで効果を論ずることはできない」として、多施設共同研究で薬の効果や適切な使用法を検証する。日本感染症学会は薬を使った症例の報告を呼び掛けている。

 神奈川県立足柄上病院と愛知医大のチームは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船し、感染が判明して搬送された60~70代の男女3人の治療経過を公表。3人は入院後、吸入ステロイド薬の「シクレソニド」を使用したところ、症状が改善したとしている。