東京五輪・パラリンピックの開閉会式への阿波踊り採用などを求めた提言書を丸川五輪相(右)に手渡す飯泉知事=内閣府

 徳島県の飯泉嘉門知事は28日、内閣府に丸川珠代五輪相を訪ね、2020年の東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出に阿波踊りを採用するなど、徳島の文化が世界に発信される機会となるよう要望した。

 知事は「大会で日本文化の魅力を世界に発信することで外国人誘客、地方創生につながる」と説明。その上で「阿波踊りは戦後、平和の象徴として発展した日本を代表する伝統文化。誰もが踊りに参加できるので海外の方もその場で打ち解けることができる。ぜひ開閉会式に使ってほしい」と訴えた。

 丸川氏は「ありがたい提言をもらった。そうした声を地方からどんどん寄せてくれることで大会が盛り上がる」と述べた。

 知事はこのほか、選手村での県産食材の積極活用や、藍染をメダルのひもの部分に利用することなどを求めた。