防災をテーマにした4局合同のラジオ番組について話し合う関係者=徳島市の四国放送

 徳島県内のラジオ4局が、南海トラフ巨大地震など大規模災害への備えをテーマにした特別番組「LOVEラジオ~徳島の命を守る」を共同制作し、15日午後3時半からNHKラジオ第1と四国放送ラジオで放送する。

 各局のアナウンサーや徳島大環境防災研究センターの上月康則教授ら7人が出演。巨大地震の危険性が高まった場合に気象庁が発表する「臨時情報」について解説する。

 新型コロナウイルスの影響で臨時休校したり、企業活動を一部自粛したりする現状と、臨時情報が発表された際の類似点も説明。食料などを備蓄する重要性や、デマ情報に警戒するよう呼び掛ける。

 エフエム徳島とエフエムびざんは後日放送する。

 特別番組は、2009年にNHK徳島放送局とエフエムびざんが始めた。その後、エフエム徳島が加わり、15年から四国放送を含む4局で制作している。