乃木坂46が3月25日に発売する25作目シングル「しあわせの保護色」にカップリングとして収録される白石麻衣さんのソロ曲「じゃあね。」のミュージックビデオ(MV)が公開された。今作を最後にグループを卒業する白石さん自身が作詞を手掛けてラストメッセージを込めた楽曲にのせて白石さんの8年半の歩みを振り返る、ファンにとっては涙なくしては見られない作品となっている。

 
 

 坂道シリーズではこれまで、全ての楽曲の作詞を総合プロデューサーの秋元康さんが手掛けてきたが、今作では以前から作詞に挑戦したいと語っていた白石さんがメンバーとして初めて作詞を担当した。メンバーやファンとの思い出を振り返り、卒業を決意した心境をつづった上で「(私)らしく歩こう」「さよならをありがとう。」と決意と感謝を述べる王道のバラードに仕上がっている。

 

 2月上旬に東京・あきる野市周辺のサマーランドと乃木坂で撮影されたMVのコンセプトは「白石麻衣がデビューしてからの歩みと、白石麻衣を応援してきた人たちの軌跡」。過去のライブや番組収録の様子を収めた映像と共に使われている携帯電話で撮影した映像の中には白石さん本人から提供されたものもあり、楽しそうに盛り上がる白石さんとメンバーのリアルな表情を垣間見ることができる。

 
 

 遊園地での撮影は白石さんの明るい表情を収めることが狙いだったが、クレーンゲームでは収録時間を1時間と見込んでいたところ、白石さんがあまりにもうますぎて10分で終わったという、さまざまな才能でグループをリードしてきた白石さんらしい「持っている」エピソードも。乃木坂46のMVでは「立ち直り中」「大人への近道」「つづく」などを手掛てきた湯浅弘章さんが監督を務めた。

 

■白石麻衣「じゃあね。」MV
 https://youtu.be/gGIFpMkcx_s