サッカーのJリーグは12日、東京都内で臨時理事会を開き、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた全公式戦の中断期間を、当初予定していた15日までから3月いっぱいまでに延長することを正式決定した。J2徳島ヴォルティスは新たに3試合が対象となる。

 ヴォルティスで延期になるのは、18日に長野県松本市のサンプロ アルウィンで組まれていた第5節の松本山雅戦と、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで予定されていた22日の第6節・FC琉球戦、28日に鳴門ポカリスエットスタジアムで予定されていた第7節・山形戦。