花見の名所として知られる鳴門市鳴門町土佐泊浦の観光施設「花見山・心の手紙館」が、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため今季の花見を中止する。15日~4月12日は施設も臨時休館する。

 手紙館の敷地には約400本のシダレザクラが植わる。3月下旬~4月上旬が見頃で、例年2万人の花見客が訪れる。花見の中止は2013年の開館以来初めて。

 中野シゲ子副館長は「多くの人に楽しんでもらおうと手入れしていたので残念。早く終息してほしい」と話した。