公園のベンチを修繕する羽ノ浦町商工会青年部のメンバー=阿南市羽ノ浦町岩脇

 毎年春に岩脇公園(阿南市羽ノ浦町岩脇)と、隣接する羽ノ浦桜づつみ公園で開かれる「岩脇公園桜まつり」が新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止されたのを受け、羽ノ浦町商工会青年部のメンバー6人が「来年は無事に開かれるように」と、桜づつみ公園のベンチ7台を修繕した。

 ベンチは縦横40センチ、高さ30センチの1人掛けで、桜の花びらの形をしている。約5年前にまつりに出店した商工会青年部が設置した。

 青年部のメンバーは傷んだベンチをヤスリで削ったり、緩んだねじを締めたりした後、茶色のペンキで塗り直した。

 まつりは、岩脇公園桜まつり保存会が2006年から開いてきた。桜の見頃は4月上旬。3月28日~4月12日の午後6時半~9時半にライトアップされる。