Q 感染者が増え続けています。改めてコロナウイルスについて教えてください。

 A 人に感染するコロナウイルスは、今回の新型を除いて6種類見つかっています。このうち4種類が人に日常的に感染するウイルスで、風邪の10~15%(流行期は35%)を占めていて多くは軽症です。冬季に流行のピークが見られ、ほとんどの人が6歳までに一度は感染します。

 残りの2種類は重症急性呼吸器症候群(SARS)と、中東呼吸器症候群(MERS)で、いずれも重症肺炎ウイルスです。

 患者1人が何人にうつすかを示した「基本再生産数」は、新型が1・4~2・5人。季節性インフルエンザの1・4~4人に近い数で、感染力は強くありません。SARSは2~5人、麻しん(はしか)は12~18人です。(県感染症・疾病対策室)