徳島県警少年女性安全対策課と徳島名西署は13日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、徳島市、大学4年の容疑者の男(26)を逮捕した。

 逮捕容疑は、1月29日ごろ、市内の20代女子大学生宅に、盗撮目的で小型カメラを設置したとしている。

 署によると、2人は知人同士。女子大生が留守の間に侵入し、カメラを設置したとみられる。カメラの映像を解析するなどした結果、容疑者が浮上した。「女子大生に好意を持っていた」と容疑を認めている。