海に入ってはしゃぐ園児ら=阿南市中林町の北の脇海水浴場

 阿南市の北の脇、淡島両海水浴場が1日、海開きとなり、オープンを心待ちにしていた子どもたちのはしゃぎ声が浜辺に響いた。

 中林町の北の脇海水浴場では海開き式があり、市職員や漁協関係者ら約30人が出席した。無事故を願う神事が行われた後、市の西田修政策監らがテープカット。近くの見能林幼稚園の園児27人が次々と海に入って泳いだり、波打ち際で水を掛け合ったりして初泳ぎを満喫した。

 西條珠寧(たまね)ちゃん(5)は「冷たくて気持ちいい。友達とまた来たい」と笑顔で話していた。

 開設期間は北の脇が8月25日、淡島が8月20日まで。期間中の人出は北の脇が5万5千人、淡島は5千人を見込んでいる。