目録を受け取る助石施設長(左)=阿南市宝田町の阿南荘

 阿南光高校(阿南市)は、特別養護老人ホーム「阿南荘」(宝田町)に車いす2台(計約6万円相当)と竹で作った防災用ライト2個を贈った。

 車いすは昨年11月にあった文化祭の収益金で購入した。竹の防災用ライトは、同校が開発した懐中電灯「ぽてっとライト」とあんどん「ぷるっとライト」の2種類で、市内の放置竹林を有効利用して作った。

 阿南荘で贈呈式があり、生徒代理として同校の教員が助石浩章施設長に目録を渡した。助石施設長は利用者が作ったぞうきんを返礼に贈り「いつもいただいてありがたい。掃除の時などに活用してほしい」と話した。

 同校は阿南工業高時代の2003年から毎年、阿南荘と近くの老人ホーム「琴江荘」の2施設に1年置きで車いすなどを贈っている。