徳島地方気象台

 気象庁は15日、上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定になるとして、16日にかけて西日本から東北で落雷や竜巻などの激しい突風やひょうに注意するよう呼び掛けた。15日夜から16日にかけて、日本海側を中心に雪の強まる所がある見込み。

 気象庁によると、西日本から東北の上空5500メートル付近には、平年より約15度低い氷点下33度以下の寒気が流れ込み、西日本から東北の広範囲で大気の状態が非常に不安定となる。

 このため広範囲でひょうが降る恐れがあり、農作物や農業施設の管理に注意が必要だ。徳島地方気象台によると、県内は16日明け方まで三好市の山間部などで降雪の可能性がある。午後6時までの24時間予想降雪量は北部の山地10センチ、南部の山地7センチ。中国、近畿では山地を中心に16日昼すぎにかけて、東日本の日本海側では16日夜にかけて大雪となる所があり、九州北部や四国の山地でも16日朝にかけて積雪がある。東海や甲信の平野部でも雪が降るため、交通障害に注意するよう呼び掛けている。