徳島市の小林雄樹市議(39)が徳島駅周辺で女子生徒の下半身を盗撮した疑いを持たれている問題で、県警が小林市議の行為を立件する方針を固めたことが3日、分かった。2件の盗撮行為に及んだとする県迷惑行為防止条例違反の疑いで、4日にも書類送検する。
 
 小林市議は6月26日に開いた記者会見で、5月18、19両日の夕方に徳島駅周辺で、それぞれ別の女子生徒のスカート内をスマートフォンで盗撮したとの疑いを持たれ、県警の調べを受けていると明らかにしていた。この2件が送検容疑になるもようだ。
 
 県警は5月19日に小林市議から任意の事情聴取をした際に、スマホの任意提出を受けている。スマホには女性を写した複数の画像が保存されていた。
 
 一方、小林市議は記者会見で「市が計画する新ホールに関する調査活動の一環で駅周辺の写真を撮っていた。女性の下着が写っているとの認識はなく、故意ではなかった」と釈明している。