[磯]<大島>17日、波風ともに穏やか。潮は安定せず水温16・6度。渡船8隻が出た。ソエバでナガレコを餌に底物仕掛けで61センチのイシダイ1匹。グレ狙いは、俵で33~42センチを13匹と40センチのイシダイ1匹。金輪で31~40センチを5匹。地冨士で35センチを1匹と40センチのイシダイ1匹。沖冨士で33~43センチを8匹。バッタリから金輪に替わった人が30~42センチを6匹。ヒッツキの大バエで30~35センチを3匹。ヒッツキで29~43センチを15匹。屋形で3人が30~48・5センチを19匹。別の4人が28~46センチを20匹と33センチのイサギ1匹。タキで30~44・5センチを18匹と30センチのアイゴ1匹。桃ノ木で28~44センチを5匹。桃オチ地で30~36センチを5匹。オハナ地で30~48・5センチを5匹と25、30センチのアイゴ2匹。

 <津島>17日、波風ともに穏やか。潮はあまり動かず水温16・2度。グレは、一番で29~38センチを7匹。大バエ東で26~33センチを5匹。ワレスベリで33~44センチを7匹。

 <宍喰>17日、波風ともに穏やか。グレは、前磯側の南ワレで31・5~33センチを3匹。北ワレで33センチを2匹。16日は、那佐半島のメンバエでナガレコを餌に43、47センチのイシダイ2匹。

 [イカダ]<椿泊>17日、波風ともに穏やか。水温13・2度。サビキ仕掛けで28~31センチのマアジを竿頭の人が15匹。16日は、竿頭の人が20匹。サビキ仕掛けのハリに沖アミを刺すと食いがいいため、少量でも持参するといいだろう。

 <宍喰>17日、沖の1号カセで2人が、ウキ下2~3ヒロで28~38センチのグレ35匹。

 [波止]<沖洲>17日、旧沖洲突堤付近は波風ともに穏やか。7時すぎから3時間、沖アミを餌にフカセ仕掛けで35、40センチのチヌ2匹。

 <小松島港沖ノ一文字>17日、中央周辺で沖アミを餌にフカセ仕掛けで40、42センチのチヌ2匹。

 [船釣り]<鳴門海峡>17日、11時すぎから南寄りの風が少し吹いた。水温12・5度。乗合船からタイラバージグで30~53センチのマダイ4匹。同行の人は30、45センチを2匹。(県釣連盟報道部)