徳島新聞が提案する未来をもっと楽しくするメディアが、2020年4月に誕生します。

街に、自然に飛び出そう!新しい環境で交流をはじめよう、読者が行動するための情報を満載した
新コンセプトのエンタメペーパー【startt(スタート)】創刊

今、若い世代から、日本人の生き方が変化しつつあります。自らの職業を決める際には社会的体裁や安定性といった価値基準よりも、「自分らしく生きられるのか」「どのように人の役に立つのか」という視点が強く持たれるようになっています。

 物を所有することが豊かさの証しという概念も古くなりました。「使いたい人が集まって少しずつ、必要な場面でのみ利用し、共有する。そんなシェアリングエコノミーは全世界で大きなうねりを巻き起こしています。

大きな価値観の変化のなかで、どのような情報が真に必要とされ、また人びとはどんな情報を行動の動機とするのか当メディア【startt(スタート)】は、真剣に考えていきます。

 

日常生活に豊かさをもたらす情報とは何か、人生の分岐点に多様な選択肢を提供できないか。
新たなメディア[startt]を創るにあたっての最大のテーマです。

これから数十年地域社会を築いていく二十代・三十代の方から現在も社会や家庭を支えている中核世代の皆さん、そして充実したセカンドライフを願われる熟年世代の方々に、行動の契機となる情報をお届けする。それが【startt(スタート)】の使命です。

発行:徳島新聞社 (朝刊発行部数20万8188部※2019年4月現在)

創刊:2020年4月9日

配布日:毎月第2・4木曜日 徳島県内朝刊購読世帯に配布

体裁:タブロイド版型、オールカラー16ページ

 

購読のお問い合わせ

 

広告のお問い合わせ