[磯]<大島>19日、渡船は7隻。下り潮から上り潮で水温16・3~17・4度。南寄りの風が強く、13時に帰港した船もあった。グレは、本場回りのピストルで36、42センチを2匹。ヒッツキで29~38センチを9匹。別の2人は30~35センチを12匹。屋形東で32~44センチを18匹。同行の人は28~48センチを14匹。別の3人は30~41センチを15匹と65センチのマダイ、32センチのイサギを各1匹。櫂投回りの高橋バエで35~46センチを6匹。中ノハエで30、35センチを2匹。タニハン地で2人が30~35センチを3匹。裏回りのタキ前で30~40センチを3匹。田所で35~40センチを5匹。

 <兵庫・沼島>19日、水温13度。南寄りの風が強く、潮が動かなかった。黒崎で40、45センチのチヌ2匹。平司で60センチのマダイ1匹。下立神岩でも58センチを1匹。各場所で大型のマダイやチヌのアタリがあるので太仕掛けで挑んでもらいたい。

 <高知・甲浦>19日、水温16・8度。12時ごろから南寄りの風が吹き、波が高くなった。エボシで30センチ前後の尾長グレ5匹。18日は水温16・6度。グレはミツバエ中で30~37センチを12匹。西で30~38センチを11匹。棚バエ西で30~34センチを3匹。船付でも同型を3匹。ビシャゴ西では0・7キロ前後のアオリイカ2匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>19日、南寄りの風が強かった。赤灯周辺で沖アミを餌にフカセ仕掛けで54センチのチヌ1匹。ルアーを使った人は56センチのヒラメ1匹。12時に帰港した。

 <小松島港沖ノ一文字>19日、穏やかだった。中央周辺で沖アミを餌にフカセ仕掛けで45センチ前後のチヌ2匹。

 <室戸岬漁港>18日、沖アミを餌にフカセ仕掛けで30~32センチのグレ3匹と28センチ前後の尾長グレ、51センチのイシダイを各1匹。ウキ下2~3ヒロでアタリがあった。

 [イカダ]<宍喰>19日、沖のカセは1号で2人が27~40センチのグレ23匹。

 <高知・甲浦>19日、1号で35センチのグレと25センチの本ハゲを各1匹、25、30センチのアイゴ2匹。18日も、1号で33センチのグレ1匹。3号で0・6~0・9キロのアオリイカ3匹。

 [船釣り]<高知・室戸沖>19日、波風ともに穏やか。潮は安定せず水温17・3度。仕立船で3人が50~90センチのマダイ42匹と85センチのブリ1匹。ハリスは10~12号を使った。(県釣連盟報道部)