[磯]<宍喰>20日、水温16・5度。東寄りの風がやや強く波は高めだった。前磯側でグレは3人がそれぞれ、38、41センチを2匹、38、31センチを2匹、41、43センチのイシダイ2匹。那佐半島では釣り場は未確認だが27~28センチのグレ3匹。19日は、東寄りの風が吹いたが波はなかった。前磯側で底物仕掛けで59・5センチ(4・1キロ)のイシダイ1匹。

 <大島>20日、上り潮で、本場回りから佐本回りの水温16・1~16・5度。裏回りから港回りは14・5~15・8度。波が高く磯上りができるハエが限られた。グレは、本場回りのヒッツキ高で2人が30~35センチを10匹。屋形で32~38センチを5匹。馬ノ背で30センチのイサギと45センチのブダイを各1匹。ホリモンで32センチを1匹と30、31センチのイサギ2匹。別の人が30、33センチのイサギ2匹。俵で30センチを1匹。ソエバで30~32・5センチを4匹。櫂投回りは高橋バエで35センチを1匹。ジイで25センチのイサギ8匹。港回りの松で25~30センチのイサギ3匹。

 <福村>20日、水温12・7度。強い北西の風で、南からのうねりが高く磯上りできるハエは限られた。チヌは、高飛で44センチを1匹。中黒胴で33、34センチを2匹。ドンガンで38~46センチを3匹。

 <高知・甲浦>20日、水温16・8度で波が高かった。30センチ以上のグレは、エボシで33~40センチを20匹。トビワタリで35センチを1匹。地のヤグラで35センチを2匹。赤灯台で39センチを1匹。

 [波止]<牟岐港>20日、10時から約4時間、沖アミをマキ餌に、市販のネリ餌と沖アミをサシ餌に使った。ハリス1・2号グレバリ6号のフカセ釣りで38、46センチのチヌ2匹。

 <高知・室戸>19日、室戸岬漁港で約6時間、沖アミを餌にフカセ釣りで、26~32センチのグレ5匹とハリス切れでバラシ2回。

 [イカダ]<高知・甲浦>20日、1号で32、33センチのグレ2匹。

 [ルアー]<吉野川>19日、吉野川大橋下流左岸で日没後の約1時間半、4インチワームのジグヘッドリグで53センチのスズキと42センチのキビレを各1匹。

 <旧吉野川>20日、新広島橋周辺で10時から約3時間、5インチストレートワームのジグヘッドリグで、41、43センチのブラックバス2匹。(県釣連盟報道部)