[磯]<大島>23日、下り潮で水温14・4~15・6度。源六で徳島市の人が36センチのイシダイ1匹。22日は、下り潮で水温14・3~15・7度。ノコギリで25~28センチのイサギ3匹。小板東で同型のイサギ13匹。馬ノ背で36、41センチのグレ2匹。俵でも37センチを2匹と35センチのイサギ1匹。別の人も35センチのグレ1匹。ホリモンで32センチのイサギ1匹。西ノ牙で35センチのグレと26センチのイサギを各1匹。

 <高知・甲浦>23日、12時ごろから南東の風。水温15・3度。棚バエでルアーを投げ、62センチのヒラスズキ1匹と65、70センチのメジロ2匹。22日は、ミツバエ中で30~36センチのグレ5匹。同西で34~40センチを17匹。エボシで30~33センチを13匹。同ハナレで30センチを1匹。長兵衛バエで38センチを1匹。棚バエで30~35センチを3匹。赤灯台で30~36センチを3匹。金座バエで33~44センチを12匹。また、湾内のイカダは1号で30、35センチのグレ2匹と50センチのチヌ1匹。2号では46センチのへダイと30センチのマダイを各1匹。

 <恵比須浦>22日、水温13・3度。大辰巳周辺のハエで40、45センチのチヌ2匹。

 <香川・小豆島>22日、コマメシマで市販の加工沖アミやネリ餌を使い分け、34~38センチのチヌ6匹。各所で30~48センチを1~15匹。比較的浅い場所が良く、ウキ下を深くするとカンダイのアタリが多いようだ。

 [船釣り]<伊島沖>22日、乗合船で出掛けた人らが本ハゲを狙い、30号のオモリを付けた胴付仕掛けで28センチまでをサオ頭が18匹。各自6~14匹。別の船はサビキ仕掛けに15号オモリのカゴで、70センチのメジロ1匹と47センチまでのアジ約20匹、33センチのイサギ2匹、レンコダイとチダイを多数、マハタ、カイワリ、マトウダイ、ガガネ、赤イサギ数匹。自家用船で出掛けた人はタイラバージグでサオを出し、42~45センチのハマチ4匹と80センチのサワラ1匹。

 <高知・室戸沖>23日、出船時は波風ともに穏やかだったが、10時ごろに北西の風が強くなり、波も高くなり納竿した。仕立船で出掛けた2人が80、90センチのブリ2匹と90センチのカンパチ1匹、55~90センチのマダイ21匹。

 [投げ釣り]<淡島海岸>22日、午前中の3時間ほどイシゴカイを餌に投げ歩いた人が15センチ前後のキス20匹余り。(県釣連盟報道部)