来店者に5G対応のスマホをPRするスタッフ(右)=徳島市中吉野町のドコモショップ田宮街道店

 NTTドコモは25日、国内で初めて第5世代(5G)移動通信システムを使ったスマートフォンサービスを本格的に始めた。5Gに対応した端末を順次投入し、高精細な動画やゲームを楽しむことができるようになる。KDDI(au)は26日、ソフトバンクも27日にそれぞれ開始し、顧客獲得競争が激化しそうだ。

 昨年4月に5Gサービスを開始した米国や韓国に約1年遅れ、国内でも「5G時代」が到来する。ドコモの5Gは当初、徳島など29都道府県の空港や商業施設など150カ所で使える。徐々にエリアを広げ、今年6月末までに各都道府県の少なくとも1カ所に5Gの基地局を設置するが、家庭で日常的に使えるようになるには数年かかるとみられる。

 ドコモは5G専用の料金プランを用意し、月額7650円(税別)で提供する。複数の割引サービスを適用すれば最低価格は4480円になる。データ通信容量の上限は100ギガバイトで、当面はキャンペーン期間として無制限にする。5G対応スマホ7機種を今夏までにそろえる方針で、初日は韓国サムスン電子の「ギャラクシー」と、シャープの「アクオス」の2機種を発売した。

 5月以降にはゴーグル型端末「マジックリープ」を発売し、今後5Gに対応させる計画。現実の風景にデジタル映像を重ね合わせて投影する複合現実(MR)技術を使ったゲームを展開する。

 ソフトバンクは、大量のデータ処理を要するゲームがインターネット経由で遊べるサービスを予定。スポーツ観戦でも視点を自由自在に動かせる動画の配信を実現する。

 KDDI(au)も、音楽ライブの映像を仮想現実(VR)技術を使って同時配信する計画だ。専用の端末を使えば視界に会場の光景が広がり、現地にいるような感覚を味わえるという。

 徳島県内では、徳島市中吉野町のドコモショップ田宮街道店内に唯一、5Gの基地局が設置された。来店客はスタッフから説明を受け、高精細で、複数アングルの動画を同時に表示できる音楽ライブ映像など、高速大容量通信を体感していた。

 今年夏には徳島駅で利用が可能になり、四国では2021年3月末までに全38市、22年3月末までに全95市町村の一部エリアで使えるようになる予定。