[磯]<福村>25日、水温12・7~13・1度。北寄りの風がやや強く、北東方向からの波も少々あった。一番ホロロで阿南市の浦川利幸さんが、39~42センチのチヌ4匹と37~40センチのマダイ3匹。同東で31~38センチのチヌ3匹と33、37センチのウマヅラハゲ2匹。二番東で35センチのウマヅラハゲ1匹。

 <大島>25日、潮はほとんど動かず、水温14・5~16・5度と少し上昇してきた。渡船6隻。本場回りの潜航艇で型は未確認だがイサギ1匹。屋形で32センチのグレ1匹。良型の湧きグレが多くいたが食いは渋く、アタリがあっても大型のためバラシした。24日は、沖冨士で38、48センチを2匹。

 <津島>25日、水温13・8~14度。グレは、一番で46センチを1匹。ワレスベリで37センチを1匹と35センチのイシダイ1匹。

 <香川・引田>25日、通念島のオカメでウキ下6~7ヒロで、35~50センチのチヌ4匹と60センチのマダイ1匹。鬼門では45センチ前後のチヌ3匹。西のハナで同型を2匹。

 [波止]<小松島港沖ノ一文字>25日、中央付近で沖アミを餌にフカセ釣りで、38センチ前後のチヌ2匹。

 [船釣り]<高知・室戸沖>25日、風波ともになく穏やか。水温17・3度で潮は上ったり下ったり不安定。仕立船で2人が、ウキ下80メートル前後ハリス10号でウキを使ったカゴ仕掛けで、沖アミを餌に80センチ前後のメジロ3匹と60~75センチのマダイ33匹。

 [イカダ]<ウチノ海>25日、堂浦のカセで、マキ餌にヌカと赤アミを混ぜ小粒の沖アミを餌に、32~38センチのサヨリ35匹。別のカセも同型を29匹。ヤカタは30~32センチを10匹。(県釣連盟報道部)