NHK連続テレビ小説『エール』日村勇紀(バナナマン)のナビゲートで毎週土曜に一週間の物語を振り返る

 NHKで30日からスタートする連続テレビ小説『エール』(月~土 前8:00 総合ほか)では、土曜日は「一週間を振り返ります」としてきたが、朝ドラが大好きという、自称「朝ドラおじさん」の日村勇紀(バナナマン)がナビゲーターとして出演することが発表された。月曜から金曜までのドラマを楽しんだ視聴者も、土曜日に初めて見る視聴者も楽しめるように、日村が番組を解説する。

【写真】窪田正孝&二階堂ふみのメインビジュアル

 オファーを受けて日村は「驚きやうれしさを通り越して“無”になりました(笑)。“朝ドラ好き”と公言していましたが、まさかでしたからね」と、コメント。今後、「僕は、今週の『エール』で印象に残ったシーンや注目ポイントを紹介していきますが、もともと“朝ドラ”ファンなので、ドラマの魅力をより多くの方に広めたいです!」と意気込む。

 「放送開始の時期が、ちょうど新生活を迎えるタイミングで、“朝ドラ”に飛び込んでみようかなっていう方は多いと思うので『エール』から見てみようかなという方や平日の放送を見逃した方に、ドラマをみるキッカケになれればうれしいです。『エール、 相当いいぞ』っていうのは1週目からもう感覚で分かるので、新しい土曜もぜひお楽しみ下さい」と、呼びかけている。

 土曜日の放送について、制作統括の土屋勝裕氏は「連続テレビ小説『エール』の物語は、明治42年の主人公誕生から50年以上にわたる物語が描かれます。劇的な人生なのでエピソードがてんこ盛りのうえに、魅力的な人物が次々登場するので、見逃してしまうとお話についていけなくなってしまうかもしれません。土曜日に、日村さんのナビゲートで一週間のドラマを“おさらい”して、日村さんと一緒にドラマを見ながら、泣いたり笑ったり、ときには突っ込みを入れたりしながら、土曜日の『エール』を楽しんでいただければ幸いです」と話している。

 『エール』は、「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)」「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」「闘魂こめて(巨人軍の歌)」などの応援歌の数々を作曲した、古関裕而(こせき・ゆうじ)さんと妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)さんをモデルに描く、音楽とともに生きた夫婦の物語。福島で生まれ、のちに多くの名曲を生み出すことになる作曲家・古山裕一を窪田正孝、のちに裕一と結婚する関内音を二階堂ふみが演じる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。