鳴門うずしお大使に選ばれた井津元さん(右)と森田さん=鳴門市のホテル「アオアヲナルトリゾート」

 鳴門市うずしお観光協会は26日、市の観光をPRする「鳴門うずしお大使」に井津元梨花さん(20)=徳島市昭和町8、会社員=と森田紗彩さん(23)=鳴門市大津町木津野、会社員=を選んだ。2人は4月から市内外の観光イベントなどで活動する。

 市内外から18~31歳の女性13人が応募。鳴門町土佐泊浦のホテル「アオアヲナルトリゾート」で選考会があり、選考委員10人が面接で表現力や意欲などを審査した。

 鳴門市に職場がある井津元さんは「鳴門には魅力がたくさんあるのに、四国の玄関口に位置するため通過されがち。観光客が必ず立ち寄りたくなるようしっかりPRしたい」。高知県土佐市出身の森田さんは就職を機に移住。「鳴門で暮らすようになって日は浅いけど、魅力を発掘してSNSなどで積極的に発信していきたい」と語った。