大高翔さん

 阿南市出身の俳人大高翔さんが講師を務める若者向けの俳句教室が、4~8月の月1回、徳島市の県立文学書道館で開かれる。対象は中学生から39歳まで。昨年に続き2回目の開催で、同館が受講生を募集している。

 大高さんは13歳から俳句を始め、城東高校卒業時に第1句集「ひとりの聖域」を出版。10代の句集として話題を呼んだ。現在は日本全国や海外でも作句指導を行っている。2010年に阿波文化創造賞、16年に第4句集「帰帆」で第1回俳句大学大賞受賞。

 俳句初心者も歓迎の会で、大高さんは「俳句と出合うことで、勉強や仕事とはまた違う自分の新しい面に気づけるし、一生を通じて自分自身を深めていけるきっかけにもなる。新しくチャレンジしてみたい人の参加を期待している」と呼び掛けている。

 日程は、4月11日、5月9日、6月13日、7月11日、8月8日で、いずれも午後2時から。先着20人。受講料は無料だが、事前の申し込みが必要。問い合わせは同館<電088(625)7485>。