27日の県内は、前線や湿った空気の影響で時折、雨が降り、出船を中止した渡船も多かった。

 [波止]<那佐湾>26日、日中の約3時間、沖アミを餌にフカセ釣りで36センチのチヌ1匹。付近で別の2人が30~35センチのチヌ3匹。沖アミを餌に波止際を探り釣りで、13~21センチのガガネ9匹。

 <牟岐港>27日、8時から約5時間半、沖アミをマキ餌に、サシ餌には沖アミと市販のネリ餌を併用。ハリス1・2号グレバリ6号のフカセ釣りで、徳島市の新居道利さんが35~43・5センチのチヌ4匹と15~23センチのガガネ3匹。

 <和田島>26日、大手海岸で約2時間、沖アミとアオイソメを併用し、消波ブロックの間を探り釣りで、15~20センチのガガネ16匹と18センチのアブラメ1匹。

 [ルアー]<大里松原海岸>27日、夜明け前の約3時間、中央付近から海部川河口の間を12センチのフローティングミノウで、68センチのヒラスズキ1匹とハリ外れでバラシ1回。同行した人も65センチを1匹。

 <和田島>27日、大手海岸の波止で10時から約1時間半、ラバージグタイプのルアーで底付近を狙い、38センチのキビレ1匹。ハリ掛かりしないアタリも数回あった。

 <吉野川>26日、吉野川大橋下流部右岸で15時から日没まで、ラバージグタイプのルアーとザリガニ型ワームのジグヘッドリグを使い38、41センチのキビレを2匹。(県釣連盟報道部)

 【コラム】

 季節も春めいてきて、本格的なチヌの乗っ込みシーズンを心待ちにしている人も多くいるだろう。人気の理由としてチヌは磯だけでなく、近場の波止からも大物が期待できる。私自身もフカセ釣りで狙うことが多く、0・8号や1号の柔らかいサオで、曲がりを見ながらやり取りを楽しんでいる。

 また、水面に浮いてきた時の銀鱗(ぎんりん)はグレとは一味違った美しさがあり、この釣りに魅了される理由の一つである。さらに、フカセ釣りだけでなく、イカダ釣り、ダンゴ釣り、投げ釣りに加え、ルアーでも楽しまれている。近場で大物が狙えるこれからの季節を皆さんも楽しんでほしい。