美馬警察署

 美馬署は28日、傷害の疑いで、高松市、会社員の容疑者の男(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は、7日午後5時半ごろ、美馬市脇町の団地の踊り場で、市内の40代男性会社員の頭や背中などを複数回殴ったり蹴ったりし、肋骨を折るなど全治約1カ月のけがを負わせたとしている。

 署によると、男性と知人男性との間に金銭トラブルがあり、容疑者が介入していた。知人男性とは親類という。