出荷が最盛期を迎えたエダマメ=徳島市国府町佐野塚

 徳島市国府町で、ビールのつまみとして人気のエダマメの出荷が最盛期を迎えている。

 香ばしさが特長の品種「湯あがり娘」を約1ヘクタールで栽培する佐野徳雄さん(68)=同市国府町佐野塚=は連日、午前5時から夫婦で収穫に励む。専用の機械でさやだけを集め、水洗いして選別。8キロずつ箱詰めし、JA徳島市北井上支所を通じ主に京阪神へ出荷している。

 佐野さんは「今年は4月から気温が上がったので品質はいい」と話していた。収穫作業は、ハウス栽培から露地物に移っており、9月上旬まで続く。