29日、天気は徐々に回復したが、午前中は北の風が強く肌寒く感じる一日となった。そのため主だった釣り場では釣り人の姿は少なかった。波が高く、出船した渡船も上がれるハエは限られた。今年は例年よりも水温が高いためか、県南の磯ではチヌの好釣果があった。今後、天候が回復すれば波止や磯での好釣果が期待でき楽しみだ。

 [波止]<香川・三本松港>29日、北の強い風で波があった。沖アミを餌に阿波市の人が23~38センチのチヌ6匹。ウキ下は5ヒロ半。ハリスは1号でウキは1・5号。波風があったためハリスにガン玉を数個打ち、仕掛けを安定させてウキを沈め気味にするとアタリがあった。近くで23センチのグレ2匹。28日は、23センチのグレと同型のガガネを各1匹。風で釣りづらく、短時間でサオを納めた。

 [磯]<福村>29日、北の強い風で、水温12・5~13・1度。TEAM磯FINALISTの福原健さんが33、38センチのチヌ2匹。

 <中林>29日、出船時は北東の風が強く波も高かったが、次第に収まった。高崎で徳島市の岡田克彦さんが、37~47センチのチヌ8匹と30~32センチのグレ3匹。近くで勝浦町の河野洋一さんが38~45センチのチヌ3匹。

 <大島>29日、水温16・1~16・5度。地冨士で30~44センチのグレ7匹。沖冨士で30~38センチを3匹。

 <高知・甲浦>28日、波は高かった。水温16・8度。ビシャゴ西で0・4キロのアオリイカ1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>29日、北の風が強かった。水温13度。30~35センチのサヨリは、親子連れが80匹。近くで夫婦も80匹。別のヤカタは家族連れ3人が55匹。周辺でヨウセイエビを餌に46センチのマダイ1匹。カレイ狙いはチョイ投げで20~33センチを8匹。付近ではイワシを餌に泳がせ釣りで71センチのスズキ1匹。(県釣連盟報道部)