徳島新聞電子版では4月1日(水)より、有料会員さま向けに新コンテンツ「鳴潮3色読み・模範解答」の配信を開始します。以下のルールに沿って、鳴潮を3色で線引きしながら読んで、公開される解答例と比較するだけ。繰り返し実践することで、要約する力が身に付きます。

このタイミングを逃さず、電子版併読プラン(本紙購読料+550円[税込])もしくは、単独プラン(3888円[税込])をご購入ください。⇒電子版登録はこちらから

★社会人の皆さま

仕事力が上がります!要約力を身に付けることで、コミュニケーション力や応用力が向上します

★中高生の保護者の皆さま

お子さまの学力向上に効果的!要約力が身に付くと、国語(現国)だけでなく、他の教科の成績にも好影響を及ぼします

★60歳以上の皆さま

脳トレに効果的!要点となるところを探し出し、文と文とをつなぎあわせることで、脳が活性化されます

□鳴潮3色読みの手順□

①鳴潮を読み、本文の100文字要約に必要なところに赤線を引きます

 Ⅰ.筆者が一番言いたいところに引きます

 Ⅱ.それにつながる「筋」となるところに引きます

②赤線を説明するところに青線を引きます

③個人的に関心のあるところに緑線を引きます

※緑線は、他線と重複しても構いません

④有料会員様に公開される模範解答と比較し、要約力を高めます

 ※模範解答の公開は、週3回(原則月水金/祝日・GW・年末年始・休刊日は変則配信)です

 ※会員の方に届く徳島新聞・昼のメールから簡単にアクセスできます

 

実践例は、下の画像をご参照ください。

=== イメージ ===

 

ダウンロードしてみるにはこちらから