とくしま”あい“ランド推進協議会は31日、健康や法律の相談に応じる「県高齢者総合相談センター(シルバー110番)」を廃止した。

 高齢者とその家族が抱える悩みを解消しようと1987年に開設。2003年度に1956件あった相談は18年度には718件に減っていた。全市町村に地域包括支援センターが整備されるなど相談体制が整ってきており、協議会は「センターの必要性が低下した」としている。