運行が始まったコミュニティバス=徳島市上八万町の上八万コミュニティセンター

 徳島市上八万、八万両町の商業施設や病院などを巡回するコミュニティバスの本格運行が1日始まった。市内のコミバスは応神町に続いて2カ所目。

 「上八万コミュニティバス のったろう」は3ルートあり、9人乗りジャンボタクシーを運行。スーパー「セブンしらさぎ台店」(上八万町西山)を起点、「ふくや小児科内科」とドラッグストア「コスモス八万店」(八万町下福万)を終点とする南ルート(11・8キロ)では往復計5便に11人が乗車した。

 友人と乗った徳島市上八万町川北、自営業川人玲子さん(64)は「雨が降っていたので利用した。足が悪い母の通院が便利になる。孫と買い物に行きたい」と話した。

 高齢者らの移動手段を確保するため、上八万町の住民でつくる運営委員会が週3回走らせる。運賃は片道300円(12歳未満100円)で、定期券や回数券がある。