見頃を迎えたミズバショウ=神山町の「岳人の森」

 神山町上分の四国山岳植物園・岳人の森でミズバショウが見頃を迎えた。

 白い花びらのように見えるのは、仏炎苞と呼ばれる葉の一種。花は中の円柱状の部分に無数に付いている。高さ20センチほどの約50株が園内の池で見られる。

 園によると、暖冬の影響で開花は例年より10日ほど早い。11日ごろまで楽しめる。