野党は2日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、布製マスク2枚を全戸に配布するとした政府の方針に対し「それだけで国民の不安は払拭できない」(福山哲郎立憲民主党幹事長)などと指摘、優先順位の高い政策課題ではなかったと疑問を呈した。

 福山氏は「マスク配布を否定しないが、経済対策が出ていないのは非常に遺憾。マスクと共に、補償もしますと言ってほしい」と述べ、休校要請やイベント自粛などに伴う損失補償の必要性を訴えた。

 共産党の志位和夫委員長は記者会見で「医療、介護という、まずマスクが届くべきところに届いていない実態への具体策がない。やる気があるのか」と批判した。