阿南市消防本部に配備された水難救助支援車=阿南市辰己町(市消防本部提供)

 阿南市消防本部が、マイクロバス型の水難救助車1台を本部に配備する。現在使用している小型トラック型が老朽化したため。4月中旬から運用を始める。

 定員5人で全長約6・3メートル、幅約2・1メートル、高さ約2・8メートル。マイクロバスの後部座席を取り外すなどして改造し、ボンベやシュノーケルなどの備品を置く棚を取り付けた。共有スペースも設け、出動する潜水隊員が移動中の車内で着替えられるようにした。事業費は約950万円。

 このほか、市消防署南出張所(橘町)の消防ポンプ車も更新。600リットルの水槽を備えた1台を配備した。事業費は約3350万円。