ANAホールディングスが日本政策投資銀行などに、総額1兆3千億円規模の融資枠の設定を要請していることが3日、分かった。新型コロナウイルスの影響が長期化した場合に備え、資金調達の態勢を強化する狙い。