阿波市市場町切幡の建築家高橋利明さん(38)が4日、新型コロナウイルス感染拡大による自粛ムードの中でできるライフスタイルをテーマに座談会を開く。美馬市脇町のうだつの町並みにできた複合施設「うだつ上がる」をメイン会場に全国のクリエーター仲間とビデオ通話でつなぎ、会員制交流サイト(SNS)で動画配信する。

 参加するのは県内外の写真家、舞台芸術家、藍師ら約30人。外出や集会の自粛がいわれる状況下でできる、社会をよくする取り組み、経済を支える手法、生活のヒントなどを話し合う。午後1~8時。「うだつ上がる」のフェイスブックページで見ることができる。

 古民家を改修して整備した複合施設のお披露目が中止になったため、座談会を企画した。高橋さんは「クリエーターならではの発想を生かし、自粛ムードでもできることを見つけたい。配信を見て少しでも元気になってもらえたら」と話している。