外出自粛要請の影響で人通りの少ない東京・銀座=5日午後

 新型コロナウイルスに感染した人の死亡が5日、新たに9人報告され、クルーズ船を含む国内の死者が合計で104人となった。死者数を感染者数で割った致死率は2・3%。イタリアの12・3%よりは低いが、ドイツの1・3%よりは高い水準となっている。医療態勢が逼迫すると、死者数は急激に増える恐れもあり、重症者を重点的に受け入れる地域の医療機関や軽症者が療養する宿泊施設の選定が急務の課題だ。

 都道府県別で最も死亡が多いのは東京の30人。他に福祉施設で発生したクラスター(感染者の集団)が問題になった愛知や兵庫で死者が多く出ている。

 年代別では、70代が最も多く32人。