昨年11月にマイルチャンピオンシップが行われた京都競馬場=2019年11月

 日本中央競馬会(JRA)は6日、京都競馬場に勤務する職員2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。JRA職員の感染は、これで3人となった。

 JRAによると、2人は3日に陽性が判明した職員と同じ車で移動し、寮での食事を共にしていたという。保健所の指示に従い、自宅待機している。

 JRAは最初の職員感染が分かった後の4、5日も、安全な競馬の実施に影響を及ぼすものではないとして、無観客でレースを開催した。